いま話題!家族葬について役立つ情報を分かりやすくご紹介します

当サイトでは、いま話題の家族葬について役立つ情報を分かりやすくご紹介しています。
亡くなった方を身内のみで見送りたい、と考えているのならぜひ参考にしてみてください。
自宅で執り行う場合のメリットや、デメリットに関しても解説しています。
葬儀場を利用しないで行うなら知っておきたいポイントです。
自宅で執り行なう場合も、葬儀社を利用した方が便利です。
どのように行うか検討する際には、押さえておくと良いでしょう。

いま話題!家族葬について役立つ情報を分かりやすくご紹介します

家族葬を選ぶ人が増えてきたと実感しているため、いざというときのために家族葬の情報を得ておきたい人は多いのではないでしょうか。
家族葬は家族や親族などの身内だけで見送る葬儀で、基本的には近所の人や会社関係の人は呼びません。
人数規模は11人から20人ほどが多いですが、特に決まりがある訳でもないです。
家族葬をするときには葬儀会社に依頼して手配するのが一般的です。
会場は民営や公営の葬祭場や、自宅・お寺などが選ばれます。

家族葬における弔電の送り方は2種類

家族葬や一般葬などお葬式の種類に関係なく、訃報を受けたときに直ぐ弔問が難しい場合は代理人を立てる方法やお悔やみ状を書くなど、様々な方法でなるべく早く弔意を伝えることが重要ですし、これは一つのマナーといっても過言ではありません。
葬儀に出席できない場合も同じなのですが、家族葬の場合はごく内輪でのお葬式になりますので、弔問が直ぐにできないときはもちろんお葬式に出席ができないときには電話もしくはインターネットから手軽に申し込みができる弔電を利用することをおすすめします。
送り方としては2種類、電話で申し込みをするときは局番なしのダイヤル115、受付時間は午前8時から午後10時までで年中無休です。
インターネットの場合は、24時間いつでも受付を行っているので電話での受付時間を過ぎた後などはこちらを利用すると良いでしょう。
ちなみに、NTT以外にもKDDIや郵便局のレタックスなど弔電に関する各種サービスを行っているため比較しましょう。

家族葬での弔電は辞退の有無で判断が必要

家族葬に参列しないときなど、せめて香典や弔電だけといったことを考える人は多いといえます。
遠方に住んでいるのでお葬式に出席できない場合は香典を郵送するケースもあるのですが、家族葬で参列を辞退されている場合は勝手に送ることはマナー違反です。
その理由は、家族葬はごく少数のお葬式であり家族などの意向を尊重することが重要だからです。
仮に、香典を受け取ってしまうと遺族は香典返しや返礼品の準備をしなければならない、このように気を使わせてしまうことになるわけです。
香典や弔電などを送りたいときには、勝手に送るのではなく遺族の了承を得ることが先決です。
仮に、香典や弔電などいずれも辞退となっている場合は送ることは控えなければなりません。
辞退の有無で判断して弔電を送るべきか否かを決めると良いでしょう。
ちなみに、弔電は通夜や葬儀式の前日までに送るのがマナーで、遅くとも葬儀の開始時刻までは届くように申し込みが必要です。

少人数のお葬式だからできる自宅での家族葬

昔のお葬式は、実家で行われることが多かったけれども核家族化などに伴い、葬祭場など専用の会場を利用してお葬式を執り行うケースが一般的になっています。
最も、大勢の弔問客になる一般葬などの場合は家の中ではあまりにも狭すぎてゆっくり故人の冥福をお祈りするなどが難しくなりますのでメモリアルホールなど葬儀社の会場を使う方が一般的です。
家族葬においてもこのような施設を利用するケースが多いのですが、家族葬で参列する範囲が家族だけの場合や親族を呼ぶけれども総勢10名強などの場合は自宅でお葬式を執り行うことが可能ですし、地方などにある実家となったときなど広い家に住んでいる人は大勢の弔問客を受け入れることもできる、親族や親しい友人などの家族葬でも自宅で執り行えるわけです。
もちろん、家の広さと参列者の人数との関係をしっかり考えておく必要がありますが、お葬式に来て貰う人の人数を決めたとき、その人数なら家ででもできるのか否かを判断すると良いでしょう。

コロナ渦の影響から自宅葬と家族葬の組み合わせは増加傾向

コロナウィルス感染症が拡大している、都道府県は独自に設けた警戒レベルを引き上げたり専門家などは次の波が来る可能性が高いなどの警告、基本的な感染対策を徹底するよう呼び掛けています。
これは、葬儀の中でも密閉・密集・密接といった「3つの密」の回避やマスクの着用、熱など風邪症状がある場合は参加を控えるなど提言しており、これは少人数の家族葬などでも同じことがいえます。
ただし、家族葬は身内や親族、故人と親しかった友人などに限定しているので、人数が少ないことからもコロナ渦の中でも注目が集まっています。
また、家族葬を行う場所も斎場や葬儀場などを選択しない、よりプライベートな自宅を選択する人も多くなっているようで、自宅で行うお葬式のことを自宅葬と呼びます。
自宅葬は従来のお葬式スタイルに一つでもあり、最近は減少傾向にありましたがコロナ渦の影響で再び注目を集めていて家族葬との組み合わせで選ぶ人も多くなっているようです。

家族葬に関する情報サイト
生活を彩る家族葬

当サイトでは、いま話題の家族葬について役立つ情報を分かりやすくご紹介しています。亡くなった方を身内のみで見送りたい、と考えているのならぜひ参考にしてみてください。自宅で執り行う場合のメリットや、デメリットに関しても解説しています。葬儀場を利用しないで行うなら知っておきたいポイントです。自宅で執り行なう場合も、葬儀社を利用した方が便利です。どのように行うか検討する際には、押さえておくと良いでしょう。

Search